rooms no 19に行ってきました♪


今日も 朝一 スタッフの打ち合わせのあと、直営店舗のPOSレジ導入のためのヒアリング
そして、rooms 19 へ行き 革バッグの次回展の打ち合わせ、
帰国してあっという間に日にちが過ぎています。

rooms 19 その中でも 私の目に留まったのが lamp harajuku の入り口の機械仕掛けの遊園地のようなオブジェ のブース。
中もクリエーターがひとつひとつ趣向を凝らし デザインと製作を手がけ ヘンゼルとグレーテルのお菓子の家のような印象を受けました。
小さいい頃の夢を思い出させてくれる気がします。

私のもっぱらの感心は やはり革 バッグや靴 洗いを施した風合いのある革 好きです。

アクセサリーの完成度も高く **お花** モチーフは素材や加工面で 広がりを見せ 繊細なものも多く
That's nippon !! という感じです。
リーフレットも個性があり、ものづくりが好きな人たちの 合同展という感じです。



lamp harajuku は H.Pグループのショップの一つで、
*****************************************************

映画「ひなぎく」('66 チェコスロバキア)の女の子のように、
少女の持つ「かわいらしさ」と「残酷さ」女性の持つ「美しさ」と「したたかさ」を
あわせ持っている女の子をイメージし、日本のブランドをメインにセレクトしたショップです。


******************************************************

f0016868_1205094.jpg




by tiara-zakka | 2009-09-17 01:28 | 仕事観 | Comments(0)

ティアラの金澤明美のブログです


by tiara
プロフィールを見る
画像一覧