慈悲

今日は親戚のお通夜がありました。そこにいらしたお坊さんはお若くて、少し心もとない方でしたが、お経の後の たどたどしいお話の中に

***慈悲***

という言葉が出てきて もうなくなられた時点で仏様になっていらっしゃり皆さんにお慈悲をかけられていらっしゃいます。皆さんは 笑顔で幸せに暮らすことを仏様は望まれています。
といったような内容でした。

***慈悲***

慈悲というのは、菩薩が衆生をあわれみ、いつくしむ心をさす言葉

衆生に楽を与える事を慈といい

苦を取り除くことを悲という。

そうです。

また、「慈悲」の心は日々の暮らしの中にもあります。
人に対して笑顔を施すのは「慈」であり、優しい言葉をかけてあげるのは「悲」です。

大それたことでなく、日々の暮らしの中でも 慈悲を心がけ 良い年を重ねていきたいと思いました。なかなか、自分を顧みる機会が少ないですが、
良い機会をいただきました。これも 仏様のお慈悲ですね きっと

人の心はそれぞれ違い、会社の立場上厳しく話すことも多い私ですが、時折 自分を見つめることは大事ですね。自分第一になってしまったり 相手の立場に立てないこと などなど
気をつける点は多々あります。

笑顔と優しい言葉  できる限り実践したいと思いました。

by tiara-zakka | 2009-10-26 23:33 | あれこれ | Comments(0)

ティアラの金澤明美のブログです


by tiara
プロフィールを見る
画像一覧