どんなに性格が良くても顔だちが良くないと売れない!!その⑴

こんばんは! 服飾雑貨企画の見瀬(みせ)です。

秋冬からデビューする靴、

「履き心地No.1プロジェクト」のレポートをしています。



これまでのストーリーはこちら↓

http://blog.livedoor.jp/tiarakj/archives/65714608.html

http://blog.livedoor.jp/tiarakj/archives/65714610.html





ついにファーストサンプルまでたどり着きました!

他の展示会サンプルより随分早い到着です。



前に若いスタッフが

「サンプルの荷物を開ける時がいちばん嬉しいです!」と、

キラキラの笑顔で言ってましたっけ。



私は経験が長いこともあり、不安が先に出てしまいます。

この箱を開けると、

あまりのショックで白髪のおばあさんになっちゃうかも。

と思うのです。

そう、浦島太郎のように・・・



いつもの佐川急便の荷受け状が貼られた箱が

私の机上に置かれています。

開けると、いつものように丁寧に包まれたサンプルが。



私は包みを剥がして片足を出して、

すぐに結構な早さで元の箱に戻してしまいました。



そう、箱を開けた、浦島太郎です…。



「違う!違う!このサンプルはかっこ良くない!」



深呼吸をして工場へ電話をしました。



「どんなに性格が良くても顔だちが良くないと

売れないですよね!

履き心地以前の問題です!!」



自分の言葉ながら、ひどいことを言ってしまいました。



「履いてみました? それと、仕様書どおりですよ」

おっしゃるとおりです。



「ジニー型はやはり、デザインと革を選びますね」

おっしゃるとおりです。


f0016868_1754162.jpg


今回は、定評のあるオリジナルのジニー型を元にして、

足の甲がすっきり見えるように

新しくクロスカットのデザインにしていました。

さらに、柔かさを出したくて、全体を袋縫いで。



ところが、かっこ良さがないのです。

なんだか着物みたい。

うまく行きません…。



社長とのミーティングの日

「デザインが良くないのはわかっています」

言い訳しながら、

“性格は良いけど顔が綺麗じゃないサンプル”を

ゆっくりと出しました。



すると社長は、



そのサンプルをさっと持ち、

いろんなスタッフのところへ行って

「履いてみて。デザインは置いといて」

と自ら試し履きを促してくれました。



口々に「柔らかい」「気持ちいい」「履き心地いいです」

と言ってくれるスタッフ。



「デザインは何度でもやり直せばいいです」

と、社長。



確かにそうですね!

まず、インソールは上手くいってるし、

今回の良くなかったところを考え直して、

早く次の案に取りかからなくては!

悩んでいる時間はありません!



この時、展示会まで残すところ35日。

残りの時間がすくなくなってきました・・・。
by tiara-zakka | 2015-09-11 17:54 | 株式会社ティアラの製品 | Comments(0)

ティアラの金澤明美のブログです


by tiara
プロフィールを見る
画像一覧