革靴のお手入れとインソールの替え時など

こんばんは! 服飾雑貨企画の見瀬(みせ)です。



皆様は、合皮と本革の違いはご存知ですか?

合皮は革のような表面加工をした生地の事です。

良い所は軽くて、水に強い事。
欠点は、時間が経つとひび割れや破損が起こってしまう事。



では、本革はどうでしょう。

本革は動物の皮革を時間をかけて下処理して

腐らない素材に仕上げたものです。

(腐らない!?始めに発見した人はすごいですね。)

しかも、丈夫で長持ちです。

f0016868_1812626.jpg


始めは固い革も、履くたびに足に馴染んできて

程よく伸びて柔らかくなります。

長く愛用して経年変化を楽しむことができますね。



天然素材なので、環境により固くなったり

柔らかくなったりもします。

日々のお手入れが大事になります。

(革の事は話し出すと止まらないので、この辺で…)







さあ、

長く大事に使うために週に一度はお手入れしましょう!



「ベル」のお手入れ方法になります
(一般的な革靴のお手入れと一緒です)



始めて履く時に防水スプレーを掛けてからご使用ください

(汚れが付きにくくなります。使用は屋外で。)



(1) 汚れ落とし用のクリーナーで全体を拭き取ります。

その後に空拭きしてください。



(2) 靴クリームを塗って油分を塗込んでください。

(色付きクリームでも結構ですが、どの靴にも使用できる透明がおすすめ。)

肌と同じよう乾燥させるとかさかさでシワになります!



乾燥は肌の大敵です!! 皆さんはご存知ですね!!

(複称してください!)



仕上げに防水スプレーも忘れずに。


f0016868_18131288.jpg



次は「ベル」のインソールの取り替え時期についてです。



履く頻度や歩き方により、個人差がかなりありますので

とても難しいのですが、

厚みが約0.8cmののインソールが約1/3くらいになったら、取り替えたほうが

良いですね。



ちなみに私は社内で2ヶ月以上履いていますが、まだまだ大丈夫そうです。



なんとこのインソール豚革なので、

通気性があり臭いも抑えます。

汚れたら、固く絞った布で水拭きして風通しの良い場所で

陰干ししてください。



お手入れして長く大事に履いてくださいね。



カップインソールだけでも販売していますので

お気に入りの靴にも合わせてみても。



では!次回はベルのこだわりポイントのおさらいです!

お楽しみに。
by tiara-zakka | 2015-09-11 18:13 | 株式会社ティアラの製品 | Comments(0)

ティアラの金澤明美のブログです


by tiara
プロフィールを見る
画像一覧